toggle
サンホームは宮城県仙台市にある住宅壁塗装・屋根塗装のリフォーム業者です。

平らな屋根は、思いがけない現象が生じる

こんにちは、塗装工事、リフォーム工事のサンホーム 松倉です。

仙台も降雪の季節に入りました。

今回、屋根に上がって「びっくりぽん!!」です。
築40年以上前の家で、屋根の勾配がほぼ平らに近い屋根を塗装工事しました。
その時の事例を紹介します。

屋根は平らな屋根の為、長時間水が溜まり、塗膜浮きや剥がれがありました。(5年前塗装)

1

2

当初、ケレン不足、下塗り塗料が合わない為、塗膜浮きが生じると推測していました。

リサーチしてみました。
長時間 雨水が屋根に溜まっていると、塗膜剥離や塗膜浮きが生じてしまう事が分かりました。
勾配の緩い屋根は、冬場に凍結融解を繰り返すことで生じる様です。

これに対応する塗料を使用する事にしました。
 
先ず、浮いている塗膜のケレン作業
3

施工後の屋根 平らな屋根の為、雨水が溜まる。
4
施工後
5
使用した塗料は、関西ペイントのスーパーシリコンルーフペイント ハイブリットシステムです。
(勾配の緩い屋根の凍結融解に適した塗料)

今回、平らな屋根を塗装工事する事によって、1つ、勉強する事が出来ました。
塗装工事の奥の深さを学びました。(-“-)

次回は、サイディングのタイル調 多彩塗装の事例を紹介します。

関連記事