toggle
サンホームは宮城県仙台市にある住宅壁塗装・屋根塗装のリフォーム業者です。

仙台周辺の屋根環境は厳しい

こんにちは、塗装工事、リフォーム工事のサンホーム 松倉です。

田舎育ちの私です。最近、稲穂の杭掛けを見ることが少なくなっています。
杭掛けの稲穂は、甘みが強く美味しいお米になるので、農家の方は手間をかけて杭掛けするようです。




今回は、仙台周辺の屋根環境の厳しさをお伝えしたいと思います。
仙台市泉区の一般的な日光の当たらない1階下屋根北側の塗膜剥がれの事例を紹介します。


大屋根北側写真


塗装後10年で、大屋根は北面を含め、塗膜剥がれがありませんでした。
正常に劣化したと確認出来ます。



下屋根北側写真


しかし、下屋根北側だけ、塗膜剝がれが大きく出ていました。
塗膜剥がれの原因を分析しますと、

1.1階北側で日が当たらない。
2.冬に、雪が解けず、常に湿気を帯びている。
3.雪による、凍結融解を繰り返している。


この条件が重なると、塗膜剝がれが発生します。


常に湿気を帯びると、塗膜の浮き、剥がれが発生する根拠として、
ほぼ平らな屋根を塗装工事した時に、塗膜の浮き、剥がれ現象を確認しています。


水溜まりが多数あり、平らな屋根である事が分かります。
 

塗装工事前の写真 日光が当たる南面


施主様によると、塗装して5年になると回答頂きました。
南面でも、常に湿気を帯びれば、塗膜の浮き、剥がれが発生します。

結論として、
「仙台周辺は、雪による凍結融解や、常に湿気を帯びる所は、塗膜が剥離する。」

サンホームでは、この現象を熟知し、対応しています。
是非、ご相談して頂ければ幸いです。



関連記事